So-net無料ブログ作成

Photoshop の不思議なPNGフォーマットの扱い(ICCプロファイル) [カラーマネージメント]

AdobeRGB セミサポートの NEC LCD2690WUXi を買ったことで、色についてずいぶん敏感になりました。それにしても AdobeRGB対応モニタをWindowsで使っている人ってどういう神経してるんだろう・・・。

それはさておき、私のイラストサイト「自己饅頭」ではベジェ曲線で描いたベタイラストが多いため、自然に JPEG ではなく、GIFやPNGを使う事が多くなっています。扱える色数の増加や、圧縮率、アルファチャネルのサポートなどの関係でほとんど PNGフォーマットを使っているのですが、PNG画像でのカラーマネージメントでやや不明な点が。

PNGフォーマットは、後の規格改正でICCプロファイルの埋め込みをサポートしています。ですが、Photoshop CS 2・CS 3 では「Web用に書き出し」でも通常の保存でも PNGにプロファイルを埋め込むオプションが利用できません。しかし通常に保存を行うと実はコッソリ ICCプロファイルを埋め込むんです。また、ICCプロファイルが埋め込まれた PNG画像を Photoshop で開くと、ちゃんとプロファイルをロードしてくれます。内部的には対応しているのですが、フロントエンドに実装していないということでしょうか??

ポケモンサトシ PNG ICCプロファイル付き

また、Photoshop の通常保存で生成されるPNG画像は、無数のメタデータが入っているためかなり巨大なファイルサイズになります。私の場合は、Mac OS X Universal Binary対応ソフト「PNGBatcherX」でこれらのメタデータを除去しウェブ公開していますが、この行程が非常にめんどくさい。

せめて Photoshop CS 3 では解決して欲しかったのですが、β版を触る限り変わっていないようです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。